トランプ米大統領は、発展途上国などでの人工妊娠中絶を支援する非政府組織(NGO)への助成金の支出を禁止する「メキシコ・シティ政策」を復活させた。これはたとえ中絶が合法だったとしても、中絶はもちろんのこと、妊娠した女性の中絶を指導する国々の病院や医療機関に米国の資金を使わせない政策だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。