並ぶ官庁 広場 濠(ほり) 帝(みかど)の宮居(みやい)とりめぐり わが千代田区に誉あり 大東京の中心地 江戸の名残も風情にて ここを都の都ぞと 澄めり千代田の城の月 これは昭和32(1957)年に発表された東京都千代田区の「区歌」の1番。作詞は佐藤春夫、作曲は山田耕筰だ。この区歌に盛り込まれた通り、皇居を取り囲むように国会、首相官邸、最高裁判所、そして霞が関の官庁街。まさに日本の首都東京の、そのまた中心である千代田区長選挙で東京都知事、小池百合子による“小池旋風”が吹き荒れた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。