「当時、中国も経済グローバリゼーションに疑問を持っていた。世界貿易機関(WTO)に加盟することに不安もあった。しかし、世界経済に適応することは歴史の大きな方向性であり、中国経済が発展するためには世界市場という大海に向かって飛び込み、泳いでいかなければならなかった」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。