横手盆地の南東部にある増田町は、日本有数の豪雪地帯。蔵の町としても有名で、2013年12月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。ただし、外からは全く分からない。豪雪故に、屋敷の中に守られて立つ「内蔵」なのだ。「まんさくの花」醸造元の日の丸醸造も内蔵を持ち、豪華で繊細な意匠が往時を偲ばせる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。