自立経営へかじを切るJAがある一方、JAと農家との間で独占禁止法上問題になる行為が多発している実態が、「担い手農家アンケート」で分かった。ある農家は就農する際、「JAから融資を受けたのだから農機はJAから買え。でないとこの地域で農業をできないようにしてやる」とJA役員から脅されたという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。