ドイツは東京電力福島第一原子力発電所で起きた炉心溶融事故をきっかけに、2022年末までに全ての原発を廃止する。だが62年間の商業用原子炉の使用の後には、核のゴミの後始末という作業が待っている。ドイツ連邦議会と連邦参議院は、去年12月に、原発の廃炉・解体と放射性廃棄物の最終貯蔵処分場の建設・運営費用を誰が負担するかに関する法案を可決した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。