日本の産業界では、相対的に海外展開が早かったことから、“グローバル化の先進企業”としてのイメージが定着している旭硝子。今では、世界最大の総合ガラスメーカーとなったが、過去50年続いたビジネスモデルの基盤が揺らぎ始めている。現在、旭硝子が向き合う数々の困難は、技術力を武器にしてきた日本のものづくり企業にとっても、他人事ではない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。