政府と日本銀行は2013年の初頭に物価安定目標を掲げ、大胆な金融緩和に踏み出した。以降、消費者物価の基調は上昇しつつあるものの、依然として足取りは重い。こうした中で出版された『慢性デフレ 真因の解明』は、執筆者に日銀のリサーチャーのみならず、ビッグデータの研究者も加わる。インフレ・デフレに対する日銀の対応について、多角的なアプローチで考察している好著だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。