ノーベル文学賞受賞であらためて注目されたボブ・ディランだが、“ディラン本”も新旧取り交ぜて思わぬ特需となったようだ。そんな中で定番は『ボブ・ディラン』だ。著者は後書きで「ボブ・ディランとは、どのような活動をしてきたのか。それは何故なのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。