タワーマンション密集エリアとして東京湾岸と並んで知られるのが、川崎市中原区にある武蔵小杉駅周辺だ。かつて飲み屋街とイトーヨーカドーぐらいしかなかった下町にいまやタワマンが立ち並び、人口が流入するようになったのは、ひとえに交通の要衝である点が大きい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。