記者会見場のステージに上がった濱尾は、まるで臣下を睥睨するかのように会場を見渡してから席に着いた。舞台袖から様子を見ていた秀樹は、なぜ会長があれほど堂々と出来るのか、不思議でならなかった。首都電力東京本社の大会議室には、一〇〇人を超える報道陣が集まっている。濱尾が姿を現した瞬間には、ストロボの光が稲妻よりも凄まじく濱尾に浴びせられた。しかし、濱尾はまばたきもせずに超然としている。そして、マイクを手にすると、落ち着いた口調で話し始めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。