距離が短くてフェアウエーの狭い、パー4のティーショット。ここで「刻み(レイアップ)」を選択するかどうか。ゴルフIQが問われる場面です。ドライバー(1W)に自信のある人なら、思い切って1Wで攻めるのも一つの戦術。フェアウエーのキープを優先して、スプーン(3W)やアイアンなどで刻むのも、また一つの戦術です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。