アメリカ大統領選挙以降、為替レートが円安に進んだことで、日本経済の雰囲気は大きく変わった。株価が上昇し、安心感が見られる。そして、円安に安住する空気が広まっている。しかし、円安は日本経済にとって決して望ましいことではない。それを確認するため、2012年秋ごろからの円安によって日本経済がどのような影響を受けたかをまとめておこう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。