三陽商会が英国の高級ブランドであるバーバリーとの間で締結していた日本での販売契約の期限が満了したことにより、業績に大きな影響が出ているのは周知の通りである。グローバルのブランドイメージと日本でのブランドイメージに乖離があり、それをグローバルのものに統一することがバーバリー側の狙いといわれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。