連結営業利益5000億円以上を掲げた、ソニーの第2次中期経営計画の終了が来春に迫ってきた。目標達成の可否に加えて、ポスト平井体制にも注目が集まる中、次期社長候補との呼び声が最も高いのが、ソニーモバイルコミュニケーションズ社長の十時裕樹氏(52歳。写真)だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。