脳と体には、「この時間帯に、この作業をすれば、質もスピードも上がる」という規則がある。作業療法士の菅原洋平氏による監修の下、脳と体が最大限成果を発揮できる24時間の使い方を、1日を五つに分けて組んだ。やることは同じでも、やる時間帯を変えるだけで、仕事の結果も変わるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。