2017年の欧州は、3月のオランダ総選挙、4、5月のフランス大統領選挙、秋のドイツ連邦議会選挙など重要な選挙がめじろ押しである。今のところ各国とも反EU(欧州連合)政権の誕生は回避されるとみられるが、反体制派が勝利すれば、改革後退、欧州統合プロジェクトの未来が不安視され、金融市場の動揺や、経済活動にも深刻な影響を及ぼす恐れがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。