年末年始はノロウイルスなどによる感染性胃腸炎発症のピーク。抗ウイルス薬がないので、嘔吐や下痢といった症状に対応する「対症療法」しか打つ手はない。小さい子供や高齢者は脱水症状に陥りやすく、重症化を防ぐには家庭での経口補水療法(ORT)が鍵を握る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。