ずっと、大きな目標で大きな夢でした。それでも「私が“朝ドラ”のヒロイン?」とにわかに信じられない気持ちになりました。私にしかできない「すみれ」という女性になって、丁寧に生きていきたい。すみれと二人三脚で一緒に歩いていこうと決意したのを覚えています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。