2017年はEU(欧州連合)瓦解前夜の様相を呈す一年になる。移民問題は悪化し、16年にも増して右翼の台頭が顕著になり、政治的な混乱は続くからだ。金融危機が再燃する可能性は高いが、大きな改革は行われないまま経済は停滞しており、EUの硬直化が指摘される。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。