大政奉還の8カ月前、トヨタグループの創始者・豊田佐吉が遠州(静岡県西部)の地で産声を上げた。佐吉は明治期に100万部のベストセラーとなった『西国立志編』(1870年発刊)に大いに感銘を受けたという。同書には、紡績機械や動力織機などを考案した発明家について記されたページがあり、佐吉の知識欲を満たした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。