ここ1~2年は、インスタグラムが台頭し、女性の20代で3人に1人、30代でも5人に1人がユーザーだといわれ、写真映えする物やサービスが人気です。熱心なユーザーたちは「いいね!」を集めるため、わざわざ自然光が美しい午前中の窓辺で撮影し、そのための写真教室まで登場しているほどですから、インスタグラムの進化が消費に与える影響は侮れません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。