2016年は、東京都内で初となる空き家解体の行政代執行が敢行されるなど、全国で強制的な空き家排除の動きが加速した一年となった。 「20年以内に、住宅3軒に1軒が空き家になる」──。強制排除の背景には、野村総合研究所が16年に出したそんな予測のように、空前の「空き家時代」の到来がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。