高度成長期の成功モデルだった長時間労働。だが、今は「負けている原因」でしかないこの悪習と、2017年こそ日本企業は決別する必要がある。職場において「長時間労働ができない人」は、もはや一部の育児中の女性だけではない。親の介護をしながら働く世代や65歳以上の再雇用者などの多様な労働力をつなぎ合わせて、初めて仕事が成り立つ状況だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。