米IT業界は、トランプ新政権の誕生によって、ワシントンでのロビー活動をこれまで以上に強化する必要が出てきた。オバマ大統領は、シリコンバレーのハイテク企業から全面的な支持を得ており、定期的に自らシリコンバレーに飛んで、グーグル、アップル、フェイスブックなどの最高経営責任者(CEO)数十人と情報交換していた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。