セブン&アイ、イオンが共に2期連続の最高益更新に向けて邁進している。合計売上高10兆円にならんとする二強だが、成長の方向はコンビニエンスストアの進化と売り場の専門店化。総合スーパーという成功体験を捨て市場変化に適応する両雄は、全国1万7000の食品スーパーの存続を脅かす。巨人の軍門に下るか合従連衡して抗戦か。小売業界は最後の再編に向かう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。