10月13日、神戸大学の練習船「深江丸」が深江キャンパス内の岸壁から出航した。いつもの光景だが、岸壁には学長の姿もあり、高揚感が漂っていた。というのも、巨大海底火山の探査に必要な装備をまとっての初の船出だったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。