明治維新後、政府は急速な工業の発達を促したが、当然ながら一朝一夕で成るものではなく、とりわけ軍艦などを外国から購入するためには、多額の外貨が必要だった。当時の主要な輸出品といえば、絹と陶磁器だったが、意外なものも輸出品として外貨獲得に貢献していた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。