日本が現在までの経済的な発展を遂げられたのは、何より「信頼」「信用」を重んじてきたからだといえる。そして、営利を追求するよりも「顧客の喜びを自分の喜び」とする精神が商業やモノづくりを育ててきた。その考えを最初に説いたのが、石田梅岩である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。