Airbnbに代表される民泊サービス、Uberに代表される自動車配車サービスなど、日本においてもシェアリングエコノミー(共有型経済)が注目されつつある。シェアリングエコノミーとは、遊休資産やスキルなどのリソースを有効に活用し、新しい価値を生み出す仕組みを指す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。