「市場の番人」の証券取引等監視委員会のトップが約10年ぶりに交代する。過去最長の3期務めた佐渡賢一委員長(70歳)が12日に退任し、後任には、13日付で、元広島高等検察庁検事長の長谷川充弘氏(63歳。写真)が就く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。