“人生もやまのぼりだし、事業もやまのぼりだ。大きな長い目で見ると、国家、民族も皆、山をのぼったり、おりたりだねえ。今の日本は、のぼったり、おりたり、ならまだいいが、高い頂上から谷底に転げ落ちたところだ。大ケガも仕方ない。まだ命があったのがめっけものよ。だからもう一度なんとか、この谷底から這い上がらぬ限り助からない。それも自力でだ、気力でだ、頑張りでだ──” 『電力の鬼 松永安左エ門自伝』を読んでいるうちに、秀樹は胸が熱くなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。