日本酒のラベルは似たものが多く、商品名も剣菱、八海山など、漢字2~3文字が主流。日本語が読めない人には、どれも同じに見えて「何をどう選んでいいか分からない」、読めても酒の味とイコールにならないという。「醸し人九平次」は、酒の中身を商品名に託す蔵。「human」や「黒田庄に生まれて、」など、「どんな意味?」とその先を知りたくなる酒を次々とリリースする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。