JAグループの中核であるJA全農が、政府から求められる大改革を前に幹部人事を刷新しようとしている。折しも政府の規制改革推進会議は11月11日、全農改革を提言。飼料や肥料などを農家に売るドル箱事業を売却し、農産物の販売に注力することを全農に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。