今日は早めに引き上げようと湯河が腰を上げた時、デスクの電話が鳴った。行政担当特別顧問の宮永の秘書からで、今すぐ、宮永の執務室に来て欲しいという。鋭い目つきの人権弁護士上がりの宮永が、一体何の用だろう。だが、民政党の実力者の呼び出しを無視するわけにはいかない。総理執務室から内廊下を歩いてすぐの所に、宮永の執務室はある。一度も訪れたことはないが、毎日大勢の官僚や政治家が、彼の部屋に呼びつけられているという噂は聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。