「りんな」や「小氷(シャオアイス)」。マイクロソフトが開発した人工知能会話ロボットの日本と中国でのキャラクター名で、LINEなどをプラットホームとして会話します。機械が自動で応答して会話や情報を提供する技術を「チャットボット」といい、企業でも顧客コミュニケーションのツールとして無視できないものです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。