将来の建設投資の減少を見込み、各社とも建設業以外の収益源を模索している。不動産事業もそうは広げられず、期待が高まるのは再生可能エネルギーや、公共施設の運営権売却だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。