長引く景気低迷のなか、主婦パートと学生バイトが中心であった非正規雇用の職場で、かつては正社員(または自営業者)として働くことが当然視されていた成人男性の数が増え続けている。いわゆる「高齢フリーター」の問題である。彼らをどのように支援していけばよいのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。