神奈川県川崎市臨海部の人工島・東扇島に位置する公共施設「川崎マリエン」には、東芝が開発した世界初の発電装置「H2One」が設置されている。テニスコート脇に置かれたコンテナ型の装置は、水と太陽光だけで電気と温水が「勝手に湧いて出る」完全自立型のエネルギーシステムだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。