年末が近づくと、「未来予測」「予測本」が続々と登場します。それらを妄信せず、予測について考える良書が相次いでいます。まず『超予測力』。「専門家の予測精度はチンパンジーのダーツ投げ並みのお粗末さ」といわれる一方で、各種の予測トーナメントで「超予測者」と呼ぶべき成果を挙げる人たちがいる。彼らは天才でもIQがずぬけて高いわけでもない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。