野球の面白さの一つに「打順」がある。九つの打順にはそれぞれの役割があり、「点」がつながって初めて、打線が「線」になる。現役時代の私は何番バッターのイメージが強いだろうか? 脇役ということで、2番というイメージを持っていただいている読者の方も多いことだろう。公式戦では4番と9番以外を打ったが、何番が自分に合っていたかというのは、今でもよく分からない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。