私が大蔵官僚時代に強く感じたのは、福岡が東京で非常に軽視されているということです。その理由は、明治維新後に薩長土肥が政官界の主流派となり、福岡がいわば置き去りにされたこと。その影響もあって福岡には自主独立、反権力の思想が今も根強いことが大きいと思います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。