福岡公立高校の“御三家”と呼ばれ、九州大学進学者数を毎年競い合う修猷館高校、福岡高校(福高)、筑紫丘高校。中央政官財界への人材輩出力では一頭地を抜く修猷館だが、最近、OBがじだんだを踏む“敗北”を味わった。福高出身の東京工業大学栄誉教授、大隅良典がノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞したからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。