2015年末のとある日。名古屋市内のホテルで、トヨタグループのメンバーによる“秘密”のうたげが開かれていた。トヨタ自動車の専務である吉田守孝や常務の山本卓などの重鎮をはじめ、計150人もの社員が集い、歓談の時を過ごした。彼らには、一つ共通することがあった。それは、全員が東海高校の出身ということだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。