最近、ドイツ銀行のクライアンCEO(最高経営責任者)の顔色がさえない。9月中旬には、米司法省がドイツ銀行の不動産取引をめぐり、最高140億ドル(1兆4140億円)の制裁金の支払いを命じる可能性があるとの報道が流れた。これは同行が制裁金に備えて準備していた金額(55億ユーロ〈6325億円〉)を大幅に上回る額だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。