東芝の不正会計問題が新局面に入った。上場廃止の恐れのある「特設注意市場銘柄」の解除審査で緊迫した状況が続く中、旧経営トップの刑事責任を問う調査が大詰めを迎えている。大規模リストラ、過去最大の赤字計上を経て、今年6月に就任した綱川智社長は、創業以来の危機を乗り切れるのか。東芝再生に立ちはだかる難題に迫る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。