睡眠をめぐって「サイレントキラー」という恐ろしい名前で呼ばれる病気がある。「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」のことだ。睡眠中に喉の筋肉が緩むことで、舌根が落ち込んで気道をふさぎ、寝ている間に呼吸が止まってしまう病気だ。ものすごく大きないびきをかいていたかと思うと、突然、呼吸が止まり、しばらくすると再びいびきをかき始めるということを繰り返す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。