会議室は静まり返っていた。2014年11月、武田薬品工業の東京本社で試作段階にあるミニドリンク剤「アリナミンVゼロ」のプレゼンテーションが行われた。試飲する幹部約10人の誰が口火を切るか。発表を終えたコンシューマーヘルスケア研究開発部の山田晴彦は手に汗を握って反応を見守った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。