今知事選の発端となった「舛添(要一前都知事)問題」の本質は、舛添氏の豪勢な海外視察や公用車の私的使用などといったことにはない。真の問題は、「舛添氏が、なぜあれほど知事の椅子にしがみつくことができたのか」にある。その答えは、内田茂都議。内田氏が「辞めなくてもいい」と言ったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。