「越後から政治が変わる」──。元首相の田中角栄の登場以来、新潟の選挙は数々のドラマを生み、国政に強い影響を与えてきた。古くは全国最強の後援会組織といわれた「越山会」を後ろ盾に、圧倒的な強さを誇った「角栄選挙」は今も永田町の語り草だ。中でも1983年12月のロッキード選挙は、日本の選挙史に特異な足跡を刻む。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。